引っ越しは前もって準備しておくと便利です

引っ越し、準備は大変ですし色々と手続きもあって大変なものです。そんな引越しの手間を、少しでも楽に出来るのならやりたいと思うのが普通です。そんなちょっとしたコツをご紹介します。引っ越しは大体一か月から2週間前には準備を始めておくと便利です。まずは引っ越すことが決まったのなら、賃貸の場合は家主に連絡し学校にい通っている子供がいるなら学校に連絡をします。そして、新居の間取りを確認し、おおよそ持っていく荷物を決めてください。そうすれば業者に連絡して見積もりを取れます。シーズンによっては、早くしないと希望日にならない事態が発生するので要注意です。そして、ネット回線の移転手続きです。これに関しては業者によって手続きが違いますが、最長4週間くらいかかるので早め早めに手続しておくことをお勧めします。そして、2週間を切ったら荷造り開始です。使わない物の仕分けを行います。これを機に使わないものを捨ててしまうのがいいと思います。季節もの以外で半年ほったらかしの物は、今後使う見込みはない事が多いのでこの際処分を検討してください。新居はすっきり始めることが、気分も心機一転出来ていいはずです。ゴミが出てきたら、粗大ごみの処分検討です。自治体に持って行ってもらうもよし、リサイクル業者に連絡するもよし、大きめのごみ程早く手続きをしてしまいましょう。場所が空いたところから掃除をしておくと後が楽になります。その合間にでも行うのが、定期購入している新聞や雑誌などの転居連絡です。プラス郵便局の転居届を行ってください。日は進んで1週間を切ったら、電気電話ガス水道と役所の転居の手続きです。これは移転前後両方が必要になります。転居した日に使えないと掃除もはかどらないので注意してください。残っているのは、銀行やクレジットカード会社への連絡です。まあこれは、郵便局の転居届さえ出していれば引っ越しした後でも問題はありません。とはいえ、いつまでもほっておくと忘れてしまうので、出来れば早めに行ってください。あとは、人によっては転居の案内状を送ったりハウスクリーニングを頼んだりする場合もありますが、これは同じような事をしている時に一緒に行いましょう。ざっくりのスケジュールですが、これを決めておくと後々何をやり忘れているか等を考えなくていいので後が楽になります。皆さん、引っ越しが決まったら出来るだけ早めにスケジュールを決めておくことをお勧めします。記載の様にではなくてもいいので、やれることから始めておくと便利だと思います。

MENU

引っ越しは前もって準備しておくと便利です
引っ越しでは収納をうまく使う